NEWS

【日米合作】ウェブメディアを超えたスケールで贈る、女性のエンパワーメント動画“Future is MINE”待望の最新作!アイヌ女性の葛藤と成長、そして夢に迫った「アイヌ、私の声」公開

株式会社3ミニッツ(本社 : 東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO : 松田昌賢、以下3ミニッツ)は、同社が運営するファッション動画マガジン「MINE(マイン)」で展開する、女性のエンパワーメントを目的とした短編ドキュメンタリー作品「Future is MINE アイヌ、私の声」を1月31日(金)より配信します。今回の企画は、フロリダ州南部の先住民族であるセミノール族が所有する、世界に誇るファミリーエンターテインメントブランドであるハードロック・インターナショナル社の協力のもと実現しました。




◾︎第7弾は、32歳、アイヌの女性が旅で見つけた答え
Future is MINEは、女性のエンパワーメントを応援するドキュメンタリーコンテンツです。「幸せは自分で決める」をテーマに、自ら未来を切り開きたいと願う女性たちが、旅や人々との交流を通して成長する様子を描き出します。第7弾の旅人は、北海道・二風谷に住むアイヌの女性、萱野りえさん。アイヌが多く暮らす北海道・阿寒湖に生まれ、アイヌの唄や踊りに囲まれて育ちました。成長してゆく中で、他とは違う自分を嫌になったことがあるというりえさん。信頼できる友人との出会いをキッカケに、アイヌ語で歌うボーカルグループ「MAREWREW」の一員として、再びアイヌ文化と共に歩み始めます。しかし、自分の活動に限界を感じ、いつしか自信を失っていったのです。

結婚・出産を経験し、めまぐるしく過ぎゆく日々の中で、時間に限りがあることに焦りを感じたりえさん。一瞬立ち止まったときに湧き上がってきたのは、やはり自分のルーツであるアイヌへの想いでした。
そんなとき、米国フロリダ州南部に居住する先住民・セミノール族の人々との交流するチャンスが訪れます。同じ先住民として独自の文化を持つ彼らの姿に、彼女は何を学び、何を見出したのでしょうか。

Future is MINE 「アイヌ、私の声」
MINE: https://www.mine-3m.com/mine/news/image?news_id=104602
Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=QQPqHGG5NGc&feature=youtu.be




◾︎出演者プロフィール
萱野 りえ
北海道の阿寒湖アイヌコタン(現釧路市阿寒町阿寒湖温泉)の生まれ。アイヌの学者であり、アイヌ神話の翻訳者である山本多助氏を父に持ち、アイヌ古式舞踊などアイヌ文化に触れながら育つ。アイヌ文化の担い手を育てる札幌大学「ウレシパクラブ」(※)第1期生、アイヌ民族文化財団「伝承者育成事業」の第3期生として自らアイヌ文化を学び、アイヌ語で歌うボーカルグループ「MAREWREW」の一員としても活躍。
現在は、同じアイヌの血を引く夫との間に一女をもうけ、北海道平取町にてゲストハウスで働きながら、アイヌ文化の普及に努めている。
(※)「シ」は、アイヌ語のカタカナ表記では字体を小さくします。


◾︎監督
富田 大智
愛知県生まれ。京都大学経済学部卒業後、制作プロダクションROBOTに入社。 CM、MVなどのプロダクションマネージャーを経て、3minute-inc.に参画。 カネボウ化粧品、ハウス食品、花王など様々なクライアントのWEB広告映像を手掛け、『おじさん取扱講座』『22時の男と女』など WEBショートコンテンツシリーズにて脚本、監督を務める。















◾︎Future is MINEとは
Future is MINEは、女性のエンパワーメントを応援するドキュメンタリーコンテンツです。
「幸せは自分で決める」をテーマに、自ら未来を切り開きたいと願う女性たちが、旅や人々との交流を通して成長する様子を描き出します。
女性の社会進出が叫ばれる昨今。自分らしく生きたいと願うものの、様々な障害に直面し、なかなか一歩を踏み出せない女性たちが多くいるのも事実です。自分の将来や混沌とした社会に不安を抱えている女性たちの共感を呼び、さらには、自分らしく輝く未来へと後押しするコンテンツを目指します。


◾︎ファッション動画マガジン「MINE」
https://www.mine-3m.com/mine/
2015年6月1日にリリースしたファッション動画メディア。「明日の私をPLAYする」をテーマに、20〜30代の女性をターゲットに、ファッション、ビューティー、ライフスタイルに関するオリジナル動画コンテンツを、Webやアプリ、SNS公式アカウント、提携WEBメディア上で配信しています。月間リーチ数830万人以上(※1)を記録し、アラサーファッション媒体トップクラスのリーチ数を誇るメディア(※2)として成長しています。
※1 2019年11月時点
※2当社調べ

【日米合作】ウェブメディアを超えたスケールで贈る、女性のエンパワーメント動画“Future is MINE”待望の最新作!アイヌ女性の葛藤と成長、そして夢に迫った「アイヌ、私の声」公開

株式会社3ミニッツ(本社 : 東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO : 松田昌賢、以下3ミニッツ)は、同社が運営するファッション動画マガジン「MINE(マイン)」で展開する、女性のエンパワーメントを目的とした短編ドキュメンタリー作品「Future is MINE アイヌ、私の声」を1月31日(金)より配信します。今回の企画は、フロリダ州南部の先住民族であるセミノール族が所有する、世界に誇るファミリーエンターテインメントブランドであるハードロック・インターナショナル社の協力のもと実現しました。




◾︎第7弾は、32歳、アイヌの女性が旅で見つけた答え
Future is MINEは、女性のエンパワーメントを応援するドキュメンタリーコンテンツです。「幸せは自分で決める」をテーマに、自ら未来を切り開きたいと願う女性たちが、旅や人々との交流を通して成長する様子を描き出します。第7弾の旅人は、北海道・二風谷に住むアイヌの女性、萱野りえさん。アイヌが多く暮らす北海道・阿寒湖に生まれ、アイヌの唄や踊りに囲まれて育ちました。成長してゆく中で、他とは違う自分を嫌になったことがあるというりえさん。信頼できる友人との出会いをキッカケに、アイヌ語で歌うボーカルグループ「MAREWREW」の一員として、再びアイヌ文化と共に歩み始めます。しかし、自分の活動に限界を感じ、いつしか自信を失っていったのです。

結婚・出産を経験し、めまぐるしく過ぎゆく日々の中で、時間に限りがあることに焦りを感じたりえさん。一瞬立ち止まったときに湧き上がってきたのは、やはり自分のルーツであるアイヌへの想いでした。
そんなとき、米国フロリダ州南部に居住する先住民・セミノール族の人々との交流するチャンスが訪れます。同じ先住民として独自の文化を持つ彼らの姿に、彼女は何を学び、何を見出したのでしょうか。

Future is MINE 「アイヌ、私の声」
MINE: https://www.mine-3m.com/mine/news/image?news_id=104602
Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=QQPqHGG5NGc&feature=youtu.be




◾︎出演者プロフィール
萱野 りえ
北海道の阿寒湖アイヌコタン(現釧路市阿寒町阿寒湖温泉)の生まれ。アイヌの学者であり、アイヌ神話の翻訳者である山本多助氏を父に持ち、アイヌ古式舞踊などアイヌ文化に触れながら育つ。アイヌ文化の担い手を育てる札幌大学「ウレシパクラブ」(※)第1期生、アイヌ民族文化財団「伝承者育成事業」の第3期生として自らアイヌ文化を学び、アイヌ語で歌うボーカルグループ「MAREWREW」の一員としても活躍。
現在は、同じアイヌの血を引く夫との間に一女をもうけ、北海道平取町にてゲストハウスで働きながら、アイヌ文化の普及に努めている。
(※)「シ」は、アイヌ語のカタカナ表記では字体を小さくします。


◾︎監督
富田 大智
愛知県生まれ。京都大学経済学部卒業後、制作プロダクションROBOTに入社。 CM、MVなどのプロダクションマネージャーを経て、3minute-inc.に参画。 カネボウ化粧品、ハウス食品、花王など様々なクライアントのWEB広告映像を手掛け、『おじさん取扱講座』『22時の男と女』など WEBショートコンテンツシリーズにて脚本、監督を務める。















◾︎Future is MINEとは
Future is MINEは、女性のエンパワーメントを応援するドキュメンタリーコンテンツです。
「幸せは自分で決める」をテーマに、自ら未来を切り開きたいと願う女性たちが、旅や人々との交流を通して成長する様子を描き出します。
女性の社会進出が叫ばれる昨今。自分らしく生きたいと願うものの、様々な障害に直面し、なかなか一歩を踏み出せない女性たちが多くいるのも事実です。自分の将来や混沌とした社会に不安を抱えている女性たちの共感を呼び、さらには、自分らしく輝く未来へと後押しするコンテンツを目指します。


◾︎ファッション動画マガジン「MINE」
https://www.mine-3m.com/mine/
2015年6月1日にリリースしたファッション動画メディア。「明日の私をPLAYする」をテーマに、20〜30代の女性をターゲットに、ファッション、ビューティー、ライフスタイルに関するオリジナル動画コンテンツを、Webやアプリ、SNS公式アカウント、提携WEBメディア上で配信しています。月間リーチ数830万人以上(※1)を記録し、アラサーファッション媒体トップクラスのリーチ数を誇るメディア(※2)として成長しています。
※1 2019年11月時点
※2当社調べ