INTERVIEW

宮田 敦広 宮田 敦広

コンテンツ事業部
副事業部長

宮田 敦広ATSUHIRO MIYATA

学生時代はボクシングでオリンピックを目指すが、怪我のため断念。大学卒業後、制作会社にて動画制作を学ぶ。数々のドキュメンタリーやニュース番組を手掛けていく中、動画を通して世の中の女性がより活躍できる社会を作っていきたいという想いを抱くようになり、3ミニッツへ転職を決意。

本気でオリンピックを目指した学生時代

中学生の頃は活字を読むのが大好きな新聞配達少年でした。高校進学後、部活動でボクシングを始め2年生、3年生と連続でインターハイに出場。3年のインターハイでは上位まで勝ち進んだことから、大学よりスカウトを受けました。これをきっかけに上京することを決め、スポーツ推薦で大東文化大学に進学。

大学時代は二人で六畳一間の寮生活の中、毎日熱心に練習に励みました。複数あるボクシングリーグの中でも、一部リーグからオリンピック選手が選出されるのですが、私も同リーグに所属し、いつか世界の舞台で日の丸を背負って闘うのを夢見ながら精進していました。ですがそんな中、2年次に腰をひどく痛めてしまう怪我をし、そこでオリンピックの道を諦めることに。

大学時代のボクシング部では練習やトレーニングもそうですが、スカウティング業務といって次の試合相手を知るためにビデオカメラを回して分析する作業も重要な仕事でした。私は特に細かい分析をするのが好きで(将来は環境相でデータ分析をする仕事に就きたいと思っていたくらい)、よくスカウティング業務を行っていて、そこから自然と動画に興味を持ち始めるように。

もちろん、この頃は将来映像制作で生活していくことになるとは少しも思っていませんでした。むしろ“広告代理店”というものが存在することも知らないくらい未知な映像制作の世界だったのですが、大学4年の2月、卒業手前に制作会社への就職が決定しました。

何千本もの企画を考え、数千人に取材した制作会社時代

就職後は、テレビ・CM・映画・企業プロモーションなど、あらゆるジャンルの映像制作やマネジメント業務に取り組みました。新卒で入社した制作会社では、WOWOWや地上波のボクシングやMotoGP(バイクレース)などのスポーツ中継番組を制作していました。今思えば学生時代没頭していたスポーツに社会人になってからも携われたのはかなり貴重でしたね。

そこから少しして、別の制作会社へ転職し、NHKへ出向する形で「おはよう日本」というニュース番組の企画や30分ドキュメンタリー番組、去年話題になった真田丸(大河ドラマ)のPR企画を制作してきました。様々な社会課題の企画を何千本と考え、数千人は取材したと思います。いつしか自分にとって映像制作は“自分の表現方法のひとつ”となっていました。

女性が活躍できる社会を実現するために転職を決意

番組制作を通して数々の社会課題と向き合っていく中で、女性が過ごしやすい環境づくりに興味を持つようになりました。ここを改善することで少子高齢化や女性の貧困などの減少にも繋がっていきますし、自分ができる社会貢献として最善の道かなと感じ始めました。そんな想いを抱いていた時期に3ミニッツに出会いました。女性のライフスタイルに特化した動画をメディアというプラットフォームで発信することによって女性のライフスタイルに影響を与え、社会も変られるのではないかという可能性を感じ、転職を決意しました。

現在はコンテンツ事業部の副部長として主に広告案件の動画制作のプロデューサーや演出として動画コンテンツの制作、及びコンテンツ事業部のマネジメント業務を行っています。入社して1年が経ちますが、動画メディアが立ち上がったばかりで手探り状態から始まった挑戦だったので面白い部分もあり、また苦しい部分もありました。今までのやり方の良い部分、会社の強みの部分を強化しながら、新しい取り組みを始めていくことでどれだけ弊社のサービスを提供できるか、そして新しい物事で社会課題に対してどのような付加価値を提供できるかを常に考えています。

3ミニッツで自分の夢を叶えるために

設立3年ほどの若い会社なので、型にはまらず、様々なことにチャレンジできることが働いていて感じる3ミニッツの魅力です。トライ&エラーができる環境なので、未来が広がっていく実感があり、毎日ワクワクしながら仕事をしています。私自身、入社当時の「動画を通して、世界の女性のライフスタイルに影響を与え『社会貢献』できるサービスを作る」という目標を胸に刻み、女性が楽しく生きるきっかけとなるような企画を日々考えています。国内のみならず、世界にも通用する強い組織、強い会社を創り上げていくとともに、サービスを展開していきたいと思います。

デジタル市場は現在物凄いスピードで変化しています。そういう中、状況変化に対応して、柔軟に物事を考えられる人、また成長企業の中で積極的にチャレンジしてみたいという方、応募お待ちしています!

ENTRY

>募集職種から応募

その他採用に関してご不明な点があればこちらよりお問い合わせください

その他採用に関してご不明な点があれば
こちらよりお問い合わせください